2018年1月16日火曜日

長期間にわたって、症状が持続することもあるんだ

髪もとかさずに、自動販売機まで行ってきた。



この夜遅い時間だというのに、自動車がいっぱい走っていっていやになっちゃうよ~~。







しかし、これで、「ビタミン全開」を手に入れたので、飲むことができる。けど、けど、「果糖ぶどう糖液糖」が入ってるので、あんまり、健康にはよくない。







ちなみに、腹があんまりよくないのに、コーヒー買っちゃった。なんかもう、やけ。やけ、です。もう、ほんとうに、ヘビメタ騒音が鳴ってから、いいことがないんだよ。



それから、他の人が知らない(わからない)あれやこれやのことで、他の人との関係が悪くなっていく。これは、ほんとうにヘビメタ騒音からしょうじたことなんだよ。ヘビメタ騒音で、気力も体力もうばわれているけど、なんて言うのかな……ただ単に気力と体力がうばわれているわけではなくて、複雑に絡み合って、いろいろとうまくいかないことが出てくる。みんな、二四時間起きている状態で、仕事をしてみぃーん。作業をしてみぃーーん。



いろいろなことがぐちゃぐちゃになっていく。しかも、一日だけじゃない。二四時間起きて作業をするという状態が、一年二年、続いてみろ。そりゃ、普通に寝て起きている人と、あれやこれやのことでうまくいかなくなる。弱みが増えていく。もちろん、二四時間起きて、一年間作業し続けるというのは無理だ。



けど、二、三時間眠ればわからないよ。で、気違いヘビメタが鳴っているときの「作業」というのが、毒ガスないの作業とおなじで、どれだけ気を張ってがんばっても前に進まない(できないし)その時間その場所にいたということで、毒ガスの影響が出てしまう。鳴り終わったあと……つまり、毒ガスが一応はなくなったあとも、毒ガスの影響で気分が悪い。この気分が悪いというのは、精神的な意味で気分が悪いということと、体力的な意味で気分が悪くて動かないということが両方含まれている。



毒ガスを吸っておいて毒ガスの影響を受けないということが無理であるように、ヘビメタ騒音をずっと聞かされて……何時間も何時間もずっと聞かされて、その影響を受けないというのが無理なんだよ。



こういうレベルでも、「過去のことは過去のことだから、現在には影響がない」「過去のことは、自分の頭の中にしかない。記憶にしかすぎない」……というようなことが間違っているということがわかる。



さらに「だるいと言っているからだるくなる」というのも間違いだ。少なくてもこの場合は。毒ガスを吸ったからだるいわけで、毒ガスを吸ってだるくなっている人に「だるいと言うからだるいのだ」「元気だと言えば元気になる」なんて言ったってしかたがないだろ。



こういう人は、助言をしているようだけど、間違った原因のせいにしているので、ほんとうはよくないことをしている。これ、ほんとうに、たとえば、メチル水銀が入った魚を食べてしまって、だるくなっている人に「だるいと言うからだるいんだ」「だるくないと言えば、だるくなくなる」なんて言ってみぃ。



「だるくないと言っても、だるいまま」なのである。そうすると、(言霊信仰者は)「本気で言わないからだ」と「本気度」を問題にするけど、問題は、神経細胞に結びついたメチル水銀だ。だから、「言った」ということは関係がない。


それに、順序が違うのである。メチル水銀を摂取してないときに「だるい」と言って、それで、だるくなったわけじゃないのである。ようするに、だるくないときに、「だるい」と言ったから、そのあとで「だるくなった」わけじゃない。すでに、メチル水銀でだるくなったあとに「だるい」と言ったわけで、順序がちがう。



あくまでも、メチル水銀を摂取したあと「だるい」と感じたので「だるい」と言っただけなのだ。原因がメチル水銀を摂取したということだと、だるい期間も当然長くなる。そうなると、長い期間の中で複数回「だるい」と言っているので、当然、「だるい」という発言のあとに「だるくなった」と外からは観察できるような状態になってしまう。複数回言っているわけだから。



それから、メチル水銀が体のなかから出ていかない限り、だるい状態が消失しない。これは、努力の問題じゃないのである。気持ちの持ちようの問題じゃないのである。



長期間にわたって、症状が持続することもあるんだということをどうして認めないのか?



「だるい」と言ってだるくなるのは、他に原因がまったくないところで、「だるい」と言ったとき、なんとなくだるくなったような気がするというような人が、ちょっとはいるというレベルのことで、発言による自己暗示を受けない人もいる。心理学の実験をするときは、すでに他の理由でだるくなっている人は被験者として不適切だから、被験者になることはない。



日頃から理由があって「だるい」と感じて「だるい」と言っている人は、そういう実験の被験者としては不適切なんだよ。どうしてかというと、他にだるくなる理由がないにもかかわらず、「だるい」と言ったことによって、人はだるくなるかどうかということを調べているからだ。

それから、これ、結論?だけ、あたかも決定事項(断定)として『一人歩き』してしまうのだけど、この結論?はいろいろな誤解をうむ。帰無仮説とか棄却域といったことがわかっている人が、実験方法と検定方法を見ないと、その実験の結果からどういうことが言えるのか、正確には理解できない。

まあ、だるいと言ったあと、だるくなる人がいるかどうかという実験がおこなわれて、なおかつ、「『だるくなる』という結論が出た」と一般の人が思い込んでいることを(頭の中で)前提にした話をしてしまったけど、この実験については、調べてない。まあ、いいや。俺がそのうち調べてやるから。そして、ほんとうの意味を、誤解がしょうじないように説明してやるから。

まあ、そこのところは、本筋ではなくて、今回言いたかったのは、他の理由でだるくなっていることだってあるということだ。言霊信仰者は「だるいと言ったからだるくなる」ということしか認めない。だから、「『だるくない』と言えばだるくなくなる」のである。

けど、さぁ。これ、自分がある種の毒を摂取してしまって、それでだるい状態で暮らしているときに、「だるいと言ったからだるくなる」「『だるくない』と言えばだるくなくなる」って言われてみな! そして、ものは試しと「だるくない」と何回も何回も毎日言って、暮らしてみな。それでも「だるいとき」どう思うよ? ずっとだるいままだったら、どう思うよ?

わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。