2016年6月14日火曜日

引きこもり問題というのは、ゆるい仕事をたくさん作ることで解決できる

●普通の職場で普通に働くことができないという意識の問題

引きこもり自体は、それほど問題ではないというような感じがする。引きこもりの問題というと、「引きこもっていること」が問題なのだと思われてしまうが、実は、引きこもりの問題というのは、「仕事」の問題なのである。世の中にはぼくも含めて、事実上働けない人たちがいる。この事実上働けない人たちは、外側から見ると、「働ける」ように見えるので、外側から見ると「働けるのに、サボって働かない人」に見えるのだ。サボってのところを、たとえば、「甘えたことを言って」と言い換えることもできる。どちらの場合でも、「働ける」ように見えるのに、「働かない」人だと思われていることにはかわりがない。

事実上働けない理由は、人によってさまざまだ。ぼくの場合は、一四年間にわたる毎日のヘビメタ騒音で「難治性の睡眠障害」と「難治性の疲労病(自称)」「外傷後ストスレ障害」になってしまったことが原因だ。人によっては、生まれつき内気で、社交不安障害を抱える人もいるだろう。理由はともかく、本人には「働けない」という強い意識があって、その意識が「引きこもり問題」の根幹にある。だから、基本的には「本人が働けないと思っている障害」なのであって、その具現化した姿が引きこもり問題なのだと言って良い。

働くというのは、この場合、「通勤して」「普通に」働くということなのである。だから、内職をすることではない。日本で、いま内職をするとなると、たぶん、九八%の確率で内職詐欺に引っかかってしまうと思う。一〇%ぐらいは「内職」があるのかもしれないけど、それは、普通の速度で作業することを前提とした場合、たぶん、時給六〇円から良くて一〇〇円ぐらいになる仕事?だと思う。あるいは、犯罪の片棒を担がされてしまう場合もある。犯罪と言っても、著作権法違反ぐらいの、申告する人がいなければ、犯罪にもならないようなものなのだけど。

逆に考えれば、普通の速度で作業して、時給七〇〇円から一〇〇〇円ぐらいもらえる仕事が、あれば、解決してしまうのである。作業所に集める形で、「仕事」を供給しているのだから、引きこもりの人にたいして、そういう仕事を供給してもいいんじゃないかなと思う。まあ、無理だろうけど。

いま、この記事を書いているのは、

引きこもり当事者が明かす“ブラック支援”の実態

という記事を読んだからだ。

引きこもり問題というのは、ゆるい仕事をたくさん作ることで解決できる。もちろん、実際にはゆるい仕事がないので、解決されないまま、問題として残り続けるとは思う。

引きこもりの現象学」で書いた分類をもちいると、かりに時給七〇〇円ぐらいになる仕事(内職)を供給したとしても、第一グループの「引きこもり」の問題は解決できない。しかし、第二グループ、第三グループ、第四グループはかなり改善できるはずだ。


●支援の力学

支援するのだから、支援して「就職してもらわないと」困るわけだけど、引きこもり当事者はなにも就職のためにそこに行っているわけではないというようなズレがあるのだろう。就職はゴールではないと言うことにしておいた方がいいんじゃないかな。だから、ネット作業所を作った方がいいよという話になる。要するに、うちで働くようにすればいい。うちで働くのであれば、「引きこもっている」わけで、問題は解決しないのではないかと思う人もいるかもしれないが、「働いている」ということと「収入がある」ということが、引きこもり当事者に与える影響というのものは、ものすごいものがあると思う。けっきょく、「仕事場の人間関係」や「職場の雰囲気」が問題である場合も多いからね。

あとは、そりゃ、引きこもり支援(サービス)を提供する方としては、「社会に出て」働いてもらわなければしかたがないわけだから、「働け圧力」をかけるわけなんだけど、「働け圧力」そのものが問題なんだという問題がある。引きこもり当事者が、引きこもって避けているのは、この「働け圧力」に他ならないのだから。「働け圧力」を避けるために引きこもっているのに、引きこもり支援(サービス)で「働け圧力」をかけられたら、そりゃ、へこむだろう。引きこもり支援施設からも、引きこもらなければならなくなる。まあ、引きこもり支援というのが、引きこもることを支援することを意味しているのであれば、もちろん、言葉通りの働きをしているとは思うのだが。引きこもり支援というのは、当事者が引きこもりをやめて「外に出る」支援をするということだから、逆の力を加えていることになる。

やはり、ひとりで作業して、お金を稼いで、その金で、遊びに行くというのが、健全な方向なのである。ひとりで作業してと書いたけど、これは、別に、グループで作業しても良いとは思う。しかし、基本的に在宅作業、ひとり作業のほうが、「引きこもり支援」にはむいていると思う。もちろん、「引きこもり離脱支援」ね。遊びに行くと書いたけど、別に遊びに行かなくても良いわけで、たとえば、通信制の大学に通うとか、趣味のサークルに出て行くとかそういうことでいいのではないかと思う。「ひきこもりの問題を解決するような施設」に行くよりも、他の目的のところに言った方が良いと思う。引きこもりを解決するというような目的の場所よりも、自分にとって興味がある場所に行ったほうが良いと思う。お料理教室でも、囲碁教室でもなんでも。パチンコなどの賭博施設よりも、なるべくなら、文化系サークルみたいな場所の方が良いんじゃないかなと思う。

「働け」圧力をかけずに、居場所として機能する「施設」があっても良いのだけど、「引きこもり対策」とは別の目的を持った場所のほうが、より良いのではないかと思うのである。別の目的で集まっている集団のなかにいた方が、リラックスできるのではないか。あるいは、引きこもり対策として、その施設に通うというのは、目的の部分が空白になっているのとおなじ状態なのではないかと思う。もちろん、引きこもり施設に通うと、生活できるほどの「給料」をもらえるというのであれば、問題はない。そこで得た金をもとにして、他のところに行けば良いのだから。

ともかく、引きこもり当事者というのは「なおそうとする圧力」には敏感で、そりが合わない。あわないのだから、しかたがない。最初の主題に戻るけど、引きこもりの問題というのは、「稼げるかどうか」「働けるかどうか」という問題なのだ。生活するぐらいの金が入るかどうかの問題だ。生活できるような金が入らないから、不安になっておびえている。生活できるような金を稼ぐには、嫌で嫌でしかたがない?仕事場に行かなければならないのだ。だから、引きこもるという人たちが、多数を占める。かどうかわからないけど、数多くいると思う。ぼくの分類で第一グループの人は、かりにお金があったとしても、引きこもり状態になってしまうという問題を抱えているかもしれない。しかし、第四グループ、第三グループ、第二グループの大半が、「事実上働けない」という問題を抱えており、それゆえに「生活できるような金を稼げない」というような問題を抱えていると思う。引きこもりの問題というのは「事実上働けない」「生活できるような金を稼げない」というのが問題の核心であって、引きこもりであるという「態(状態)」は問題の核心ではない。

学生や十代の引きこもりが抱えている問題というのは、このままでは「事実上働けない」「生活できるような金を稼げない」という問題でしょ。自分は普通の職場で、働けないというような意識があるから、不安になるわけで、普通の職場で働けなくても、「生活できるような金を稼ぐことができる」のであれば、「将来に対する不安」の大半はなくなってしまう。


わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。