2016年7月10日日曜日

スピ系の人は、いじめ肯定、差別肯定になりやすい

今文章の整理はしてないのだけど、ヘビメタ騒音のことで腹が立っている。けっきょく、これだよ。起きた時から、そうだ。起きた時からヘビメタ騒音で絶望を感じて、きちがい兄貴の態度に腹を立てている。頭にくる。どうしても、頭にくる。起きた時は、さみしいよ。もう、きゅーーーーっとくる。これは、もう、いいようがない。お母さんの位牌に向かって「さみしいよぉ」とか言っている。

じゃ、他の人と付き合って、楽しいかというと、楽しくないのだ。どういうふうに楽しくないかというと、ヘビメタ騒音で不安で不安でたまらない状態で楽しくない。ヘビメタ騒音が続いていて、「俺はこの先どうなってしまうんだ」「こんな音が続いていたら、ぼくの人生が台無しになってしまう」と思っていた時と同じ気分になる。実際に、ダメになっているんだけどな。で、この、なんていうかな?

わかってないスピ系の人だと、過去において「台無しになってしまう」と考えたから、いま台無しになっているんだ。(おまえが、台無しになってしまうと考えたのが悪い)といういうことを考えるわけだよな。ぜんぜん、スピリチュアルじゃない。本人は、スピリチュアル的なことを言っているつもりになっているかもしれないけど、こんなの、頭がおかしい説教おじさん(掲示板の説教厨)と同じだ。他人を罵って浮かび上がりたいだけ。

偉そうなことを言って、本人が、浮かび上がりたいだけ。本来のスピリチュアル的な思考とどれだかけはなれているか!差がわからないというところで、絶望的だ。


スピリチュアリズムと■言霊■ことだま■はかぶっているところがあるけど、これは、ただの言霊で、言霊はダメなのである。言霊にとらわれてしまうと、最悪の状態を設定して作戦をたてるということがまったくできなくなってしまうのである。最悪じゃなくても、悪いことを考えることができなくなる。そうなると、かつての日本軍のようボロボロに負けてしまうのである。

けど、切羽詰まった人は、状況が悪くなればなるほど言霊思考にとらわれてしまうのである。スピ系の人たちはあんまり気がついてないみたいだけど、スピ系の人は、いじめ肯定、差別肯定になりやすい。スピ系の人たちは差別やいじめを助長しているし、本人もやっている。相手のことをまったく考えてない、言霊に基づいた説教なんて、優位ゲームを楽しんでいるだけで、ものすごく軽いいじめと同じなんだよ。弱っているやつをやっつけて、いい気分になっているだけなんだよ。わかってないかもしれないけど。

ぼくの人生が台無しになってしまうと考えたのは、実際にヘビメタ騒音で困っていたからだ。根拠がある。具体的な根拠がある。ヘビメタが鳴ってないときに、「将来ヘビメタが鳴って困ったことになるだろう」と思っていたわけではないのだ。ヘビメタが鳴る前にということだ。ヘビメタが鳴る前に「将来ヘビメタが鳴って困ったことになるだろう」と考えていたから、実際に「ヘビメタが鳴ったた」というわけではないのである。

ヘビメタが鳴る前まで、「ヘビメタ」という音楽分野があることすら知らなかった。もちろん、「兄貴の騒音で人生が破壊される」と考えたことがなかった。だから、想起したから、そうなったというわけではないのだ。鳴っている最中、具体的に困っていたから、「このままでは、ぼくの人生が台無しになってしまう」と考えたわけで、ちゃんと根拠があったわけで、想起したから、それが現実化したというわけではないのだ。

このままではダメになってしまうという具体的な理由があった。実際に、困っていた。勉強することができないのである。ドレだけ言っても、きちがい親父のような態度で鳴らし続けて、本人は、なにもしてないつもりなのである。要するに、鳴らしたって鳴らしてないのと同じ気分だ。気分だけではなくて、そういう認知、そういう認識だ。

だから、今も「そんなつもりじゃなかった」と言っているのである。

じゃ、一日中ヘッドホンをしてくれるのかいうと、絶対に一分もヘッドホンをしてくれなかったというのが現実だ。きちがい兄貴がヘッドホンをすることができるかというと、できた。きちがい兄貴がそのつもりになれば、いくらでもてきた。当時、最初から、ヘッドホンをはあった。きちがい兄貴がやってやりたくないから……ヘッドホンをつけたくないから、つけなかっただけなのだ。


   *   *   *

まあ、たとえ、言葉自体がおなじだとしても、相手に対する思いやりがあるかどうかで違ってくるという話しだ。スピ的な言葉を使っているにもかかわらず、相手をおとしめてやろうとか、相手を馬鹿にしてやろうという気持ちが見え隠れしていると、ダメなんじゃないのということだ。そうやって他人を攻撃することによって、自分が浮かび上がりたいという気持ちがあるとダメなんじゃないかなと思う。……けど、ヘビメタ騒音に関する話しとは違う。

おまえ(エイリ)だって、さんざん人のことを攻撃しているじゃないかと思うかもしれない。けど、違うんだよ。わかってないスピ系の人がやっていることと、ぼくがやっていることは違う。どういうふうに違うかというと、実際ぼくが、兄貴や親父にここに書かれたことをされたということだ。それも何年も毎日。一日に何時間も何時間もずっと。どれだけ、こっちが、「やめてくれ」と言っても、やめずに続けた。スピ系の人が、ダメ人間を批判して浮かび上がりたいというのは、それとはぜんぜん違うのである。

スピ系の人が、ダメ人間を批判して浮かび上がりたい場合は、スピ系の人がダメ人間から、なにかをされたわけじゃない。せいぜいのところダメ人間が書いた文章を読んでしまったということだけだろ。そういう違いがある。で、そういう違いはでかい。

スピ系の人でもわかっている人はわかっている。わかっている人と、わかってない人のまなざしというのは違う。わかってないスピ系の人は、本当に説教をして自分が浮かび上がりたいだけだ。思いやりがない。しかも、間違っている。ただ単に、弱っている人間をいためつけたいという欲望があるだけなのである。

けど、まあ、そういうスピ系の人を、おまえ(エイリ)は批判しているじゃないかと思う人もいると思う。で、それは否定しない。ぼくはスピリチュアリズムに凝ってないから、それでよいのだ。それに、どちらかというと不用意に弱っている人(集合)を攻撃しているのは、スピ系の人なんだよ。で、スピリチュアリズムに凝っているのであれば、それは違うんじゃないかと言いたいわけ。



わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。