2018年1月27日土曜日

相談なんて成り立たない

ヘビメタ騒音でどうしてもだめだ。
これは、ヘビメタ騒音の雰囲気だ。
他の人には俺がこだわらなくていいことにこだわっているように見えるしかもしれないけど、ちがう!! だれだって、俺とおなじ量、俺とおなじ長さ、やられれば、俺とおなじような状態になる。外から見れば、こだわらなくていいことにこだわっているように見えるようになる。

ぜんぜんちがうんだけどな。

やられすぎた。本当に、気違いヘビメタ騒音で死にたい気分になる。死にはしないけど、死にたい気分だ。お母さんの布団で寝てればよかったな。中学一年生のとき、学校から帰ってきたあとどうしてもつかれて、お母さんの布団で寝てしまった。

だいたい、午後五時から、午後七時四〇分ぐらいまでなんだけど。そのあいだ、布団をとられたお母さんは、いまの椅子に座って起きてたんだけど、「どうしてもだめだから、二階で寝てくれ」と言われた。お母さんの寝室?は、家のなかでは一番しずかなところなんだよな。

ちなみに、横の居間は、なんて言うのか……眠ることができないほどの音で鳴っている。ふすまでしか区切られてないし、ふすまも閉めたわけじゃないのに、音の伝わり方がちがうんだな。

ともかく、ふすまが半分開いていても、お母さんの寝室なら寝ることができた。ちなみに、ぼくの部屋は、基地が兄貴の隣の部屋で、スピーカーの裏側にあるわけだけど、ドンドンガンガンひびいて、とてもじゃないけど眠れない。

やはり、おなじうちでも、眠れる部屋と眠れない部屋があったんだな。やはり、部屋の位置で音の伝わり方がだいぶちがうのだろう。お母さんの布団で、学校から帰ってきたあと眠ってしまうのは、一ヶ月ぐらいしか続けることができなかったけど、三年間、続ければよかった。

あそこで仮眠をとれば、次の日の朝がちがう。

けど、気違い兄貴よ!! おまえは、ずっと、鳴らしていた。俺がどれだけ、怒鳴りこんでも鳴らしていた。

次の朝、つらいんだよ。

しかも、これが、教師などにはやはりつたわらないんだよな。俺が、サボって夜更かしをしているように思うわけだから。ヘビメタのことを言っても、教師になるひとの多くは、普通の家で育ったわけで、家族の一員である気違いが気違い的な意地で、ガンガン鳴らすというのは、本当にわからないみたいなんだよな。(やったってやってない」が本当に成り立っている状態がわからない。)


「(だからそのことは)家族で相談すればいい」なんてぬかしやがるんだよ。そんな「相談」がなりたつような「いえ」じゃないのに。家族で相談して、気違い兄貴の騒音問題が解決したら、こまってないんだよ。

午後一一時一一分まで気違い的な音でガンガンヘビメタを聞かされ続けて、夜、眠れずに苦しむなんてことはないんだよ。

そんなのはあったとしても、一日で片がついている。気違い兄貴が一日中、ヘッドホンして聞けば良いわけだから。気違い兄貴が、フォークギターぐらいの音量に、エレキギターとステレオの音をおとせばいいわけだから。

けど、それがどれだけ言っても、成り立たなかった。静かにしてくれなかった。だから問題なんだよ。「相談なんて成り立たない」「気違い兄貴にどれだけ言っても気違い兄貴が静かにしない」と言っているのに、「それは、ともかく、相談してから……」みたいに言って、お茶をにごしておしまいにする。

だから、「相談のテーブルに気違い兄貴がつかないんだ」って言っているのに……。入試のときですらそうなんだぞ……。

こんなの、家の問題に首を突っ込みたくないだけだろ。

人に相談しても、気違い兄貴が鳴らしているときに、家にきて、(気違い兄貴を)羽交い締めにしてとめてくれる人じゃないとだめなんだよ。
で、その人は、一日中、兄貴を監視してくれないとだめなんだよ。羽交い締めにしてとめる人が帰ってしまったら、すぐに、フルの音(爆音)で鳴らし続ける。

一秒だって、「鳴らせる状態」なのに、静かにして我慢するなんてことはできないんだよ。

で、実際にそうしているのに、本人は「まったくそのつもりがない」という気違い的な意識状態だ。こんなのは、ない。けど、あった。あしかけ一五年間、うちでは、普通にそうだ。毎日毎日、そういう状態があたりまえなのである。

一時間、ヘッドホンをして静かにしてくれることは、足かけ一五年間で、一度もなかった。「一時間、ヘッドホンをして我慢する」なんてことがあったら、それは、(うちでは)異常な出来事だ。

一時間ですら絶対に我慢しないのが気違い兄貴だ。

そういう異常な意地が、他の人にはわからない。

で、なんだか知らないけど、俺が悪いことをしているように誤解するやつが出てくる。「兄貴がヘビメタを鳴らしてくるしい」と言っているのに、まるで俺が悪いことをしているように、誤解するやつらが出てくる。

これは、正直言って意外だった。こんなのはおかしい。

まあ、これは、俺が無職引きこもりになってからだけどな。その人たちは、無職引きこもりに偏見があるのだろう。犯罪者予備軍のような偏見があるんだろう。偏見があると、「ヘビメタ騒音でくるしいんだ」と言っても、まるで、俺が嘘を言っているように思うんだよな。

順序しては、ヘビメタ騒音が足かけ一五年間鳴って、それで、睡眠回路がこわれて、どーーーしても、ふつうに働けない「からだ」になった。

けど、その偏見がある人たちは、その因果関係がわからない。俺がサボりたいから、「お兄さんがそういう、あり得ないデカイ音で鳴らしたから、働けない」と言っているのだろうと誤解する。

事柄が発生した時間的な順序と因果関係がわかってない。だいたい、「お兄さんがそういう、あり得ないデカイ音で鳴らした」ということが事実なのか、最後まで半信半疑だ。疑いをもってる。その人たちにとっては、俺が言っていることは信じられないことなのだ。兄貴の性格や兄貴がやったことについて、俺が適当に嘘を言っていると思っている。頭にくる。こんなの、生きてたくないだろ。死にたくなるだろ。
わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。