2018年3月10日土曜日

俺が兄貴を殺さずに我慢したといこうとが奇蹟なんだよ

頭が混乱する。ヘビメタ騒音の雰囲気だ。どれだけ、やられたか! どれだけ。この不安はない。それから、なんか手続きで失敗したり、パスワードを不正に読み取られた可能性などが生じてしまった場合、ヘビメタ騒音のなかで不安になっていた雰囲気が復活してしまう。頭が混乱する。これ、ほんとう、どれだけ。

それから、特に(4)を理解してない他人なんだけど、「おまえ、ほんとうに、自分がやられたら、どんな状態になると思っているんだ?」と言ってやりたい。声を大にして言ってやりたい。

気違い兄貴、おまえが、気違い親父の頑固さで、気違い的にでかい音を鳴らし続けるから、こういうことになるんだぞ。おまえ、ほんとうにゆるさない。

これ、特に(4)を理解してない人は、俺が弱い人間だと思うのだ。弱いから『ちょっとの騒音』でそうなると思っているのだ。そういうところがある。けど、違う。俺は、強いほうだった。

けど、ヘビメタ騒音がでかすぎるのである。おまえ、デカイ幼稚園の横が、どれだけうるさいと思っているんだよ? そういうことも、ほんとうに想像できないんだろうな。ああ、(4)について疑問に思うやつは、(1)や(2)についても、疑問に思うんだよ。

そいつらは、たいした音で鳴ってなかったのに、俺が騒音に弱いから、大きな影響を受けたと考えるんだよ。けど、それはちがう。これ、ほんとうに、こういうことばかりなんだよ。

非常識なでかい音を、他の人が信じられないような非常識な態度で、鳴らすから他の人が「ご・か・い」する。ほんとうに、誤解だから。単なる誤解なんだよ。真実じゃない。

(1)(2)(3)(4)に疑問を持って俺が言ったことをそのまま信じないやつは、まるまるしてやりたい。ほんとうにゆるせない。こいつら、ほんとうに人を見下しやがって。

気違い兄貴が、あの非常識な音で、あの非常識な態度で、考えられないぐらい長い期間、気違いヘビメタを鳴らすことにこだわらなければ、こんな目に遭わされることはなかったと思う。

気違い兄貴の態度がわからないから、気違い兄貴がやったこと……実際にやったことに対して疑問を持つやつらが出てくる。そういう人と、うまくいくわけがないでしょ。

これ、屈辱なんだよ。

いちいち、屈辱だ。

いままであってきた人のなかで、ほんとうにヘビメタ騒音の効果がわかる人は、六ヶ月間、ヘビメタ騒音をやられたことがある人だけだ。その人はわかっている。

けど、他の人はわかってない。どれだけつもるかわかってない。俺は、強いほうなんだよ。刺激が強すぎたのと、刺激が続く期間が長すぎたから、過労死寸前みたいな状態になっている。

そりゃ、気違いヘビメタ騒音を午後一一時一一分まで浴びたあとは、午前四時ぐらいになるまで、眠れない。成長期に、こういう目に遭っていいわけがないだろ。気違い兄貴のせいで、身長の伸びがとまった。あいつが鳴らさなければ、午前二時ぐらいに多く放出される成長ホルモンで身長があと一〇センチぐらい伸びていた。

当時好きだった女の子が、一七〇センチぐらいあったので、コンプレックスが半端じゃない。まあ、それは、いいとして……。これ、ほんとうに、俺が弱いわけじゃないのだ。

あとそれから、ちょっとだけ思いだしたから言っておくけど、『もしほんとうなら、もっとグチャグチャになっている』と言って俺の言ったことを信じなかったやつがいる。これは、『どれだけやられたって言ったってたいしたことはないだろうといったやつとは、反対の考え方なんだよね。グチャグチャって、もう、なんか、見るからにおかしそうな人になっているということだから……。見るからにおかしそうなぐちゃぐちゃな人になってないから、真実じゃないんだろうという考え方、見なし方なんだよ。

間違っている。

気違い兄貴が親父の態度で、やりきって、親父の態度で無視して、親父の態度でやってないと思っているから、俺が、誤解を受けるんだぞ。それは、気違い兄貴が、誤解を受けたときとおなじだ。気違い兄貴がハンダゴテのことで誤解を受けたときとおなじだ。

「こんなのが使えると思っているなんて信じられない。なんてまぬけなやつだ。これが使えるように見えるのかよ」「大人なら、絶対にちゃんと言えば、わかるはずだ。おまえがちゃんと(お父さんに)言わなかったから、お父さんがわからなかっただけだろ」……全部間違っているんだけどね。

この人たちは、親父の態度と、親父の認知と、親父の感覚と、親父の無視がわかってない。だから、間違ったことを言う。おんなじなんだよ。

世間の人は、うちで、兄貴がどれだけの意地でやったかわかってないから、そういうことを言う。まるで俺が、騒音に弱いから、だめなんだみたいな思うやつが出てくる。どれだけやられたって、朝起きることができないから、働くことができないなんてなんていうのはあまえている」と思う。

そいつらが、気違いヘビメタを毎日午後一一時一一分まで、あの音のでかさでやられたら、たぶん、中学に通うことすらできないと思う。中学中退になっていると思う。それか、世をはかなんで、自殺していると思う。そういうでかいことなんだよ。そういうことなんだよ。ほんとうにわかってない。

あとは、俺が「うらみごと」を書いているので、こわい人だと思っている人がいるけど、これも、おかしい。実際におなじことをおなじ期間の長さ毎日やられれば、どういうことなのか、身をもってわかる。そういう人は、中学一年生あたりに、気違い兄貴を殺して(罪は問われないけど犯罪者になって)暮らしていると思う。俺が兄貴を殺さずに我慢したといこうとが奇蹟なんだよ。

あんなことを毎日やられて、自分の人生が台無しになって、それでいいはずがないだろ。それで、まるで「うらみごと」を言わずに、自分の状態に絶えられる人なんているわけがないだろ。俺は天使でも神様でもないんだよ。あんなのにたえられるわけがないだろ。ほんとうに、勝手に見くびって誤解しやがって……。勝手にハンディの量を間違えて、俺があまえているように言いやがって。自分がおなじことをされてみろ。

わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。