2019年1月30日水曜日

本当にヘビメタ騒音で、オシダサレテシマウ


眠れるかどうかわからないけど、眠る態勢にはいる。

全部がめちゃくちゃだった。俺がこんなことを書けるも、いつまで続くのやら。
俺がどういう気持ちで生きていると思っているんだよ! 気違い兄貴。午後四時五六分、この時間鳴ってた。一年三六五日中三六五日、けたたましい音でヘビメタが鳴ってた。どれだけ「やめてくれ」「しずかにしてくれ」と言っても、一分も静かにしてくれなかった。それが、気違い兄貴が、この世で、客観的にやったことだ。気違い兄貴の主観だとどうなっているかわからないけど。絶対の意地で鳴らし続けて絶対の意地で、鳴らし続けたと言うことを認めない。そういう毎日だ。そういう毎時間だ。期末試験だろうが入試だろうが、例外がなかった。これ、一日だけ例外があるけど、その一日の例外を除けば、本当に、それ以外の一日の例外もない。例外的な一日をのぞいて、一日に、一分だってやめてくれなかったのが気違い兄貴だ。一日の中で、一分間でも静かにしてくれなかったのが、気違い兄貴だ。これ、あんだけ意地になってやったことなのに、本人が「やってないつもりでいる」なんてことが本当にあるのかね? まだ書いてないことで、本当にヘビメタ騒音の負の影響を受けたことがいっぱいある。もう、すべてにヘビメタ騒音の負の影響がある。いまだってそうだ。いまだってそうなんだよ。書かないけど、いろいろあるんだよ。
俺がどういう気分で眠って、どういう気分で起きていると思っているんだ。「ごみすて」だって貸しができるんだよ。これは、町内会の仕事で、資源ゴミの日は、資源ゴミのゴミ袋を朝早くに出さなければならない。それから、普段の燃えるゴミの日も、からすがゴミをつっつかないように、青色の網をかける必要がある。これがちょっと改善されて、網の箱になったわけだけど、ともかく、朝一定の時間に、そういうことをしなければならない。けど、俺はヘビメタ騒音の『睡眠障害』で起きる時間がくるくる回転しているので、どうしても、それができない。だから、となりの人がやってくれているのだけど、借りができるんだよ。借りが! となりのシャッターの音がうるせえんだよ。犬がうるさいんだよ。けど、借りができいるから……。まあ、俺は言うけどな!! うるさいときは、デカイ声で「うるさい」ということにしている。これも、気違い兄貴の影響なんだよ。ここにも書いているけど、俺が兄貴のことについて書くと、まるで俺が兄貴にちゃんと言わなかったから、兄貴が鳴らし続けたんだろと勝手に思うやつが出てくる。『(エイリさんがコミュ障でちゃんと)言えないからだめなんだ』なんて、決めつけてくるやつがいるんだよ。実際には、兄貴がコミュ障で、相手が言っていることがまったくわからないから問題がしょうじる。親父の態度だって、他の人に言ったって、わかってくれなかっただろ。それと、ちょうどおなじことが兄貴の態度にも成り立っている。気違い家族の『うちでの状態』というのは、他の健康的な人にとって信じがたいらしく、どれだけ説明しても、信じないやつが、かならず、出てくる。そいつらは、やられている方を、不当に、バカにして、不当な解釈を押しつけてくる。不当なんだよ!! 不当!!!
気違い兄貴のヘビメタ騒音が原因で『忘れ物』をして、他の人に借りができると言うことがいっぱいあった。ゆるせない!! ヘビメタが鳴っていると時間内に宿題が終わらないから、前の日に鞄に入れるものを用意しておくということができない。不可能。これが不可能だと言うことが、実際にヘビメタ騒音に一一時までさらされたことがない人だとわからない。そんなのは、いっくらヘビメタ騒音?が鳴ってたって可能だと、言う。そういうふうに本当に思っている。けど、可能じゃない。一日中やられて、一週間のうち七日間ずっとやられている状態がつもると、本当に宿題すらできない状態になる。どれだけ俺が、しんどい思いをして、午後一一時一一分以降に、宿題をしようとしたかわかっているのか? それから、おまえは、本当に、俺から友達をうばう。人づきあいをうばう。金を稼ぐ機会をうばう。金を稼ぐ能力をうばう。普通の日常生活をする能力をうばう。うばいきってきた。それで、問題親父を俺に任せやがって。本当にあまにくる。おまえ、気違い兄貴のせいで『働けない状態』になって、どれだけ俺が恥を書いてきたかわかっているのか? どれだけ! それは、働く前の学生時代だっておなじなのである。借りができるんだよ! これは、そのうち、ちゃんと書かなければならないと思うけど、本当にヘビメタ騒音で、オシダサレテシマウ。この「オシダサレテシマウ」というのが、本当に並みじゃないのである。どれだけ、努力しても、「オシダサレテシマウ」。浪人だって、宿題ができないのだって、おなじなんだよ。

このあいだ書いて、かんきまわって、書き続けることができなくなってしまったんだけど、たとえば、「入試の合格祈願のために神社に行こうよ」と複数の友達から誘われたとする。けど、ヘビメタ騒音でそれどころじゃない。他の人は、息抜きのために、神社に行くこともできる。けど、俺はできない。できないんだよ!!! ヘビメタ騒音で押し出されてできない。どうしてもできない。すべてが、押し出される。一日中、午後一一時一一分まで、まったく勉強できる状態じゃないということかが、どれだけのことかわかっているのか?

時間が押し出される。どうしたって、余裕がない話になる。ヘビメタ騒音二時間を取られて、普通に時間を使うことができない。ゼンブガゼンブ『ヘビメタ騒音でだめな時間』になってしまう。そりゃ、一日に七時間から一四時間ヘビメタ騒音を浴びてしまうと、午後一一時一一分からも、自由がきかない。体の自由がきかない。しんどくてむしゃむしゃして、言いがたいからだの状態になる。これ、至近距離でずっと毎日何千日も、自分がこの世で一番嫌いな音を聞かされる続ける生活をしたことがない人はわからないのだろうけど、本当に、ヘビメタ騒音が鳴り終わったから、すぐに勉強できるとか、ヘビメタ騒音が鳴り終わったからすぐに眠れるということがない!!! こういうのだって、実際に経験しないとわからないことだろ!!! けど、何千日も、そういう状態で暮らしている俺にとっては、ものすごくリアルな問題なんだよ。あのからだの状態を文章であらわすことができない。『しんどい』とか『体が自由に動かない』とか『ものすごく不安な気持ちで、なおかつ、カリカリした気持ちになる』というような言葉でしか表現ができない。けど、そういうときのしんどさは、本当にそういう言葉で表現できるようなものじゃないのである。ぜんぜんちがう。言葉で表現していることと、実際の内容がぜんぜんちがう。からだが、本当にしんどくて動かない。どれだけ動かそうとしても動けない。それなのに、あせっている状態で、それなのに、気が抜けている?状態なのだ。ばんばんばんばん、ずっと、激しい騒音にさらされて、神経がおかしくなっている。体調がものすごく、おかしくなっている。頭の状態が尋常じゃないのである。泣き出したいような怒りたいような状態で、なおかつ、憂鬱で、なおかつ、体が重たくて動けない状態だ。毎日強制的にそんな状態にされて良いわけがないだろ。普通に暮らせるわけがないだろ。俺がどれだけ切羽詰まった状態で中学生活、高校生活を維持しようとしてきたかなんて、他の人にはまったくわからない。ヘビメタ騒音にさらされなければ……その人がこの世で一番嫌いな音にさらされなければ……わからない。


気違いヘビメタがはじまってから、楽しいことなんてひとつもないよ!!! 気違い兄貴!! おまえが!!! おまえ、こだわってこだわってごたわって!!!ならしたから!!!!ならしたから!!!

どれだけの意地で鳴らしたと思ってるんだよ。鳴らしてないわけがないだろ。気違いだからわからないんだろうけど、ものすごい音で鳴らしてたよ。それは、気違い兄貴が、いま住んでいるところで、当時の音で鳴らせば、一分でわかるよ!!! これ、そういうことだって、誠意がないから、しない。本当に自分が鳴らした音が『フォークギターぐらいの音』だと思っているなら、いま住んでいるところで、夕方から午後一一時一一分まで鳴らしたって、まったく問題がないわけだろ。だったら鳴らせよ。日曜日は朝の一〇時から、夜の一一時一一分まで、ずっと鳴らしたって問題がないんだろ。その音で鳴らしたって問題がないんだろ。俺には、「まったくあたりまえのこと」としてやったことを、他人にやることができないだろ!!! うちで弟にやったことは、どれだけデカイ音で鳴らしたって『普通の音』なんだよ!! そういう気違い回路が成り立っている。で、本人はそれに絶対に気がつかないというもうひとつの気違い回路が成り立っている。だから、本人はまったく矛盾を感じない。うちの態度とよその態度がちがいすぎるということがわかってない。うちの人には、問題なく何千日もやったことを、よその人には一日もできない。うちの人には、一日に一四時間、まったく問題なくやったことを、よその人には一日に一分間だってできない。一日に一四時間、よそのうちでは絶対に鳴らせないようなデカイ音で鳴らしたって、「ゆずってやった」と思っているのが気違い兄貴なんだよ。そういう態度のちがいにぜんぜん気がつかない。入試の前の冬休み、一四日中、一四日間、ずっと、一日一四時間近く鳴らしてた。気違い兄貴が鳴らすなら、ものすごくデカイ音で鳴らすんだよ。破壊的な音で鳴らすんだよ。毎日、一日に一四時間近く、入試の前の冬休み期間ずっと毎日鳴らしてたって、『入試に協力してやった』とか言ってまったくゆずらないのが気違い兄貴なんだよ!!! どれだけ、たのんだと思っているんだよ!!!
どれだけ、たのんだと思っているんだよ!! ずっと、たのんでたんだよ!!俺は!!!

それで、いまになれば、『知らなかった』『そんなの知らなかった』だろ。ふざけんな!! 兄貴は、気違い親父より気違い!! どれだけの意地でやったか、本当にわからないのかよ!! 問答無用で、入試だろうがなんだろうが一分だってゆずらずにずっと鳴らし続けてたんだよ。それで、『入試に協力してやった』とか……本当に頭にくる。


いつも、その調子だ!!!

これ、わかるか? いつも毎日ずっとそういう調子なんだぞ。

いつも毎日、そういう調子で、すべての時間ヘッドホンせずに、ずっとスピーカーで鳴らして、なおかつそれが異常なことだと待った気がつかない状態なんだぞ。いくら言われても、認めない状態なんだぞ。

どれだけのことがつもるか? 俺の一一歳から二五歳までを返してくれよ!! 人間にとって一番大切な時期を、うばわれた。

底辺の職業にしか就けないようになったとしても、そんなのは、自己責任だということになる。そんなのは学生のときに勉強しなかったやつが悪いといこうとになる。そんなのは、学生のときに努力しなかったやつが悪いということになる。そういうふうに言われる。

ヘビメタ騒音がずっと毎日鳴っていて、そんなところじゃなかった。そんなこと、できるわけがないだろ! そんなことが!できるわけないだろ!!!

底辺の仕事だって、気違いヘビメタでからだが弱くなってできない。どれだけ俺が卑屈になって、働こうとしていたかわかるか? ゆるせない。ゆるせない。卑屈になるんだよ。本来俺は、睡眠回路が特別に悪いわけじゃなかったけど、ヘビメタ騒音生活で睡眠回路が特別に悪い状態になった。障害を背負った。けど、睡眠回路に関しては、障害が、他の人にはよくわからない。要するに、「そんなのは、根性がないからだめなんだ」とか「起きようと思えば起きられる」とか「起きられないなんて言うのは甘えだ」と言ってくるやつらが出てくる。けど、そいつらは、数千日のヘビメタ騒音を経験してない。数千日にわたる激しいヘビメタ騒音の結果睡眠回路がこわれたと言っているのに、頭が悪いやつらだな。そういう頭が悪いやつらに対しても、実際に『起きることができない』となると、卑屈になる。睡眠回路がこわれた状態……というのを、引き受けると……自分で認めると、どうしたって卑屈になる。ひとができることができないということにを認めたって……いいことなんてないんだよ。これ、まるで、あるがままの自分を認めればいい(それで問題が解決する)みたいな考え方があるんだけど、そんなんじゃ、よくならない。できないことを認めたってしかたがないんだよ。


   *   *   *

俺はこのまま●んでしまうのだろうか?
本当にヘビメタ騒音がはじまってから、つらいだけでいいことがなかった。チャンスは全部、棒にふった。そりゃ、そうならざるを得ない。
このまま、なにもいいことがないまま、●んでしまうのだろうか。

   *   *   *

ヘビメタ騒音なしで生きたかった。
どうしても、ヘビメタ騒音がなかった人生を返して欲しい。
気違い兄貴! かえせ!!! かえせ!!!!

おまえが全部維持になって鳴らしたんだぞ。
ヘッドホンをしようと思えばすすべての時間ヘッドホンをすることができたんだぞ。けど、気違い兄貴は意地になってすべての時間、ヘッドホンをつけずに鳴らした。

わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。