2017年7月31日月曜日

負の交流(ぼく固有のものであって公開バージョン)

やっぱり、ヘビメタで人生がないから、つまんない。
つまんない~~~
この時間、ヘビメタが鳴ってた。どれだけやっても、やめてくれなかった。いま、午後七時〇三分。
キーキードカスカ鳴っていた。


ガーーって鳴ってた!!!鳴ってた!!くそうるさかった。
死にたかった。うるさいから死にたかった。
「このままじゃぼくの人生がない」と思っていた。思っていたというか、きゅーーっとくる。騒音……爆音のなかで、発狂的な気持ちになっていた。あの連続は、たまらない。鳴っているあいだじゅうずっと連続する。朝から、一二時間やられているような状態だと、鳴り終わったあと、きゅーーーっと一気に冷えて、死にたくなる。

鳴っているあいだも、死にたいし、鳴り終わったあとも死にたい。これ、鳴っているあいだは、暑くなって死にたいし、鳴り終わったあとは冷たくなって死にたい。そういうことの繰り返しで、人にはわからない、「疲労」がたまった。「暗い気持ち」がたまった。

だから、これは、そういう毎日が何千日も続いた、ぼく固有のものであって、一般的な日常生活のなかでの疲労や一般的な日常生活のなかでの「暗い気持ち」とはちがう。

だから、一般的な日常生活のなかでの疲労に対処したことをやればいいと言われても、困るんだよ。意味がない。「そんなの、やりもしないで」などと腹を立てられてしまうのだけど、つらい。

ぐたぐたな一五年間は……そんなことは、やること自体が……無理だし、それ以降も、無理なんだよ。

体がちがってしまっている。

だから、あれをやれば良いこれをやれば良いというアドバイスは、なんか、つらいのである。で、なんて言うのかな? これ、アドバイスされた通りにやっても、ぜんぜん楽にならないと言ったら、そういう人たちは、機嫌が悪くなるわけだろ。機嫌が悪くなるとまでは言わないまでも、あんまり、いい気分じゃないわけだろ。そういうあんまりいい気分じゃない経験が積み重なると、やばいんだよ。親友や友達とのあいだでも、そういうことが、いっぱいあった。

ともかく、これは、負の交流なんだよな。きちがい兄貴が、ずっと鳴らしていて、治る見込みがない場合は。普通の生活をしているわけではない。それは、ヘビメタ騒音生活一五年に関しても言えるし、一五年目以降も言える。実際には、一四年と数ヶ月間なので、一六年目以降じゃなくて、一五年目以降という言い方で、正しい。

2017年7月27日木曜日

これで、俺がそとで働いてもおなじなんだよ


俺の一生、どうすっかな??

これ、ほんとう、困ったことになってしまった~~
ヘビメタ騒音のことでずっと悩みっぱなし。
他の人には、ない悩みなんだよな。これ、ほんとうに、どれだけ長いか?

きちがい兄貴がどれだけ「他人」の不利をしてやってきたか。これは、血がつながっているから他人ではないのにという意味ではない。「やってない人」としてやってきたのである。「鳴らしてない人間」として鳴らしてきた。「関係がない人」として、ずっと「関係があるのに」「張本人なのに」鳴らしてきた。ずっとやっている張本人が、ずっとやってないつもりでいるとか、いたとか、どういうことなんだよ? で、問題の本質はそこにある。どれだけ長い間、毎日毎日、そういう立ち位置で「やってきたか」。舞値に毎日、こだわりつくしてやっているのに、本人は、毎日毎日、まったくやってないつもりなのである……これ!! こういう「きちがい構造」……これが問題なんだよ!! これがぁ!!

他の人にはわからない問題。他の人にはまったくわからないぼくの悩み。問題。それで、だるくなったら、俺が他の人から悪く言われる。虚弱体質だと思われる。だれだって、あんな生活をしていたら、つかれるのに……。俺は、がんばってがんばって、そういうところを見せないようにやってきたのに……最終的には、疲れ果てて、けっきょく、つかれやすいからだになった。睡眠回路もこわれたので……根本的なところで睡眠回路がこわれた。これも、「ひきこもる」と普通に昼夜逆転して、夜起きて、朝寝るような生活になるんだけど、それとは、違うんだよな。ヘビメタ騒音が七時間から一二時間鳴っているにもかかわらず、通い続けた七年間があるかどうかで違う。この期間の長さは言いようがない。ぎりぎりのところで、たえてきたけど、限界だ。ヘビメタ騒音+通学ということを繰り返してきたぼくと、引きこもったあとに昼夜逆転といった睡眠障害を抱えた人とでは、おなじ睡眠障害であったとしても、質が違うんだよな。ぼくのほうが治りにくい。

で、これも……たとえば、「Aさんというもと引きこもりの人も、働き始めたら、昼夜逆転が治った。だから、あなたも働けば、昼夜逆転が治る」「入眠時間の回転が、ちょうど一般人とおなじになったときに、楽なバイトからはじめれば良い」と言ってくるひとも出てくるわけなんだ
けど、違う。

違う!!違う!!違う!!!

これも、せっかくのアドバイスをぼくが※むげに※否定しているように思えるかもしれないけど、違う。経験が違う。そもそも、病気の原因も病気の程度も違うのだから、せっかくだけど……悪いけど、役に立たない。役に立たないどころか、ヘビメタ騒音をまったく体験したことがない人のこういったアドバイスは、ぼくを傷つけまくる。それは、ぼくが何十回何百回?とトライしたけど、できなかったことなんだよ。最初の七年間の経験がきつすぎる。日曜日も、ガンガン鳴っているという状態が、きつすぎる。平日と土曜日だけではなくて、休みの日も容赦なく、一日中鳴るというのがきつすぎる。休みにならない。休憩できない。日曜日は、ヘビメタ騒音の時間が、増えてしまう……正確には、長くなってしまうので、きついままであり、……正確にはきつさが増す。他の人にとっては、休みである日曜日に、ヘビメタ騒音のつかれが、増大してしまうのだ。こんなのはない。月曜日どれだけきついか。夏休み期間中なんて、毎日が日曜日みたいなものだから、ほんとうに、エンドレスに四〇日間、朝から晩まで、……他の家では迷惑だから、兄貴自身が鳴らせないようなでかい音で……鳴らしやがるんである。主語は、もちろん、兄貴だ。兄貴が鳴らす。鳴らした。



ああ~~

そとに出ても、つまんない。
これで、俺がそとで働いてもおなじなんだよ。だから、「引きこもり問題」自体はそんなに問題じゃない。「ヘビメタ騒音問題」自体のほうがずっと問題だ。

あれ、ほんとうに、俺が大学入学試験前に死にものぐるいで頼んでいるときに、わりと「のんきな」反応を返してくることがあったんだけど、ほんとうに!!でかい音で鳴らしているつもりが、まったくなかったんだな。あれだけでかい音で鳴らしているのに、でかい音で鳴らしているというつもりだけが、ずーーっとずーーーっとまったくないとか、ほんとうにどうかしている。

で、兄貴にとってみれば、そういう感覚で「好きなだけ」鳴らした方が都合がいいわけだから……。でかい音で鳴らしているという知覚・認知・認識はないほうがいいんだよな。ほんとうに、ばかにしている。

ほんとうに、そういう「人をばかにした態度」なんだよな。

もちろん、これも、無視の度合いが強いほど、そういう態度で接しているということがわからない度合いも強くなる。これ、「ほんとうは悪意があって、わからないふりをしている」というのではないんだよ。だからこそ!!!たちが悪い。

どれだけ言っても、ほんとうには、通じない。どれだけ言っても通じない親父のように、通じない。

これだって、「そのこと(ヘビメタ騒音問題のこと)はお兄さんとよく話し合えばいい」とアドバイスしてくる人には、わからない。「通じない」の「通じない」がわからない。

アドバイスをしてくれる人は、相手が普通の人だと思っているんだよな。相手が特殊な精神異常者だから、困る。どこが特殊かというと、「うちでだけ」そういう感覚で、悪さをするということが違う。

よそでもやれば、一発でわかるのに!!

引っ越した先の新しいうちでは、一分間だって鳴らしてないんだよ。だったら、うちでも、できたはずなんだよ。

けど、一分間だって鳴らさないどころか、一分間だって、絶対に静かにしなかったんだよ。そういう毎日なんだよ。

うちにいるあいだの一四年と数ヶ月間(あしかけでは一五年間)は、そういう毎日なんだよ。

で、そういう毎日でまったく疑問を持たない。親父のように、まったく疑問を持たない。親父のようにどれだけやっても、まったくやってないつもりでいる。発狂して押し付けたことなのに、親父のようにまったく押し付けてないつもりでいる。押し付けてないつもりなら、どれだけ押し付けたって、押し付けたことにならないのである。

精神異常者だから、「押し付けているだろ」とこっちが、どれだけ言っても、「わからない」状態なんだよな。ほんとうに、気違い的なレベルで相手のことはまったく考えない。自分がやっていることで相手が困っているということを、けっきょく、一五年間ずっと認めないで、一五年間毎日鳴らし続けた。何度も言うけど、一五年間というのは、あしかけ一五年間だ。

2017年7月24日月曜日

クーラーをつけている理由は、蕁麻疹対策。

ほんとうにつまらない。どうにかしてくれ。ダイヤ、遊びこい!

あ~~~

実は、一昨日、……。まあいいや。

ともかく、今年は電気代を気にせずに、ずっとクーラーをつけているから、涼しいよ。それでも、……それでも! なんか、暑くて、だるいときがある。やはり、節約モードからはぬけられないらしく、三〇度に設定してつけているから、暑いときもある。まあ、二九度にするけどさ。二九度は、だいぶ涼しい。けど、ほら、クーラーっておなじ温度設定でも、涼しいときと涼しくないときがあるじゃん。

それに、うちの他の部分は、猛烈に暑くなっているからね。(自分の部屋以外は、かなり暑い状態)。

クーラーをつけている理由は、蕁麻疹対策。
暑くても、寒くても、蕁麻疹がでる。

ずっとクーラーなし耐熱生活をしていたら、体が、適応できなくなったらしくて、だめだ。慣れれば適応できるような感じがするだろうけど、つかれとストレスがドンドンたまってだめになったみたい。消耗する。暑さで、だいぶ消耗する。で、四〇日以降、相当にくるしくなる。夏が長くなったからね。やっぱり、連日三三度以上はきつい。

二九度なら、楽勝なんだよな。




2017年7月17日月曜日

『さみしいアパート』で暮らしてきたよ

起きたあと、文章を書いた。
一発でちゃんとした漢字変換をしてくれればなぁ~~といつも思うよ。

残された人生の時間、とか考えている。
こんなの、考えたってわからないけどね。
わりともてたのに女性関係は、悲惨のヒトコトだな。

ヘビメタ騒音で全部ない。

俺がこの先、少しでも楽しく生きるにはどうしたらいいんだろうな?
ヘビメタ騒音が原因で、『さみしいアパート』で暮らしてきたよ。いまも、その延長だ。ヘビメタ騒音がなかった場合のちゃんとした人生というのがなかった。

2017年7月16日日曜日

全部が、嘘なんだよ。やっているときから、最中から。

起きた。

この先どうするかな?

とりあえず飯は食べた。

きちがい兄貴のことで腹が立っている。
日曜日の雰囲気はこれだからな。

あいつ、ほんとうに鳴らしているつもりがなかったんだろうなと思う。あれだけでかい音で鳴らしている最中、鳴らしているつもりがないのと同じ状態だというのが、信じられないけど、きちがい兄貴の態度や発言を考えるとどうもそうなんだよな。

これ、親父や兄貴と一緒に住んだことがない人だとわからないと思う。

親父と一緒に住んだことがない人に、ハンダゴテ事件の時の親父の態度をどれだけ説明しても、リアルにはわからないんじゃないかなと思う。絶対さが異常なんだよ。

絶対的な意地が異常。絶対的な無視が異常。絶対的な無理解が異常。ほんとうに、ヒトコト説明されれば絶対に「普通なら」わかることが、一切合切つたわらないんだよな。で、怒るわけだから。こっちが怒りたいよ。怒って、顔を真赤っかにして頑固に認めない。

で、認めないということも、認めないということになっている。なっていると書いたけど、これも、ゼロなんだよね。本人の主観としては、「認めてやらなかった」「言葉として理解してやらなかった」というのが、ない。なければ、「やってない」のとおなじなんだよ。

だから、いつでも、「そんなんじゃない」ということになる。「そんなんじゃない」というのは、あとで、自分がやったことを認めなければならないハメになると、「そんなんじゃない」「そんなんじゃない」と発狂して、認めないんだよ。

だから、同じ構造が成り立っている。だから、何万回言っても、どこまでもどこまでも、話が通じないままだ。で、兄貴も、親父とまったく同じで、何万回言っても、まったく、話が通じない。頭がおかしいレベルで無視している。

で、無視しているということも、頭がおかしいレベルで無視するので、無限の時間、わからないままだ。どこかでわかるというのがないのである。で、判らない時間は、自分が好きなようにやりきるわけで、ゆずらない。びた一文譲らない。

けど、ゆずらずにやりきったということが、これまた、抜けているんだよな。だから、何万時間、頑固にやりきったとしても、……こだわりの、きちがい的にうるさい音で鳴らし続けたとしても……そんなことは、一日もなかった……一分もなかった……一回もなかったという「つもり」のままなんだよ。

そういうつもりのまま、ずっと、本人だってよそのうちに行けば一分だって鳴らせないようなでかい音で鳴らして、鳴らしたつもりがまったくしょうじないということになる。全部が全部、毎日そうだ。だから、反省のしようがないのである。

やってないつもりのままだから。いまだに、やってないつもりのままなんだよ。で、やってくれなかったことに関しては、「やってやったつもり」なんだよ。こだわりつくしてやったことに関しては、まったくやってないつもりで、頑固にやってくれなかったことに関しては、「やってやったつもり」なんだよ。本当は、一日、一分だって静かにしてくれなかったのに、「静かにしてやった」というつもりがある。そういう「嘘」でできあがっているんだよな。「嘘」をついたまま、やりきる。自分がやりたいことをやりきる。だから、自分がやりたいことを、やりたい方法で、常にやっているのに、……「そんなことは、やってない」と思っている状態ができがある。

全部が、嘘なんだよ。やっているときから、最中から。



2017年7月7日金曜日

不安と怒りで死にたくなる

毛布を洗った。
けど、まだ、風呂場のなかだ。あれを持ってくるのがめんどうくさい。というか、風呂場のなかである程度かわかさないと、持ってこれない。いま、バスタブにかけて「みずぬき」しているさいちゅう。

あとは、洗濯をした。干した。今日は、エアコンなしでもなんとかいけるかな。

自分、やんなっちゃうよ。
俺は、自分が好きだけどな。
自分が好きなんだよ。けど、もう、つかれたな。

こういう人生、なんなんだろうな?
ヘビメタ騒音にやられたときのままなんだよな。
ヘビメタ騒音にやられて、五年経ったときのままなんだよな。
ヘビメタ騒音にやられて、九年経ったときのままなんだよな。
九年経った時点で、九年間、毎日フルの音で、フルの時間の長さやられている。兄貴がうちにいて、ゆずる時間というのはない。兄貴が兄貴の用事で、自分の部屋を離れるとき以外は、ずっと鳴っている。でかい音でずっと鳴っている。ものすごく足を引っぱられる。死にたくなる。

こんな人生ないだろ。本当に、すべての時間鳴らしている。鳴らすとなれば、かならず、どでかい音で鳴らしている。

いま、曇りで、そとは、まあ、穏やかな感じなんだけど、こういう時間ですら、なんていうのかな……ヘビメタ騒音の雰囲気のままなんだよ。長い間やられすぎた。本当にすべての時間鳴らしてた。鳴らすとなったら、かならず、よそのうちでは一秒も鳴らせないようなでかい音で鳴らしていた。だから、こっちは、つねに、きちがい兄貴のヘビメタ騒音にやられてくるしかった。そとに出れば、鳴ってない時間があるわけだけど、そのあいだも憂鬱で暗い。帰ればかならず鳴っている。ドッカスカドッカスカとてつもなくでかい音で鳴らしている。鳴っている。そとに出れば鳴ってない時間があると書いたのは、たとえば、買い物に行けば、買い物に行っているあいだは、ヘビメタ騒音を聞かなくても済むわけだ。自転車でそとに出れば、自転車に乗っている時間はヘビメタ騒音が鳴ってない時間であるわけだ。けど、漕いでいるあいだずっとくるしい。ヘビメタ騒音のことで、くるしい。気持ちが重い。不安と怒りで死にたくなる。殺したくなる。どうしてもくるしかった。解放されない。ずっと鳴っているから。帰れば鳴っているわけで、帰ったその時から、どれだけ何回「ヘビメタを鳴らすな」「静かにしろ」と怒鳴り込んでも、ずーーーーーっと鳴らしている。やめてくれない。毎日毎日、何年間も何年間もそういう状態だったから、毎日毎日くるしかった。勉強することができないということもくるしかったけど、それ以外のことでもくるしかった。いまも、そとに出るときは、そのときのままなのである。その時の気持ちのままなのである。一一歳から二五歳の鳴らされていたときのままなのである。本当に、どれだけ続いたか。ずっとずっと、慣れなかったよ。あの音にはずっとずっと慣れなかったよ。鳴らされているあいだも、一日の中で鳴らされてない時間も、くるしかった。死にたくなるほどくるしかった。つねにヘビメタ騒音問題で死にたかった。
わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。