2021年11月18日木曜日

ほんとう、ヘビメタ騒音にやられて、むなしいだけの人生だな。

 ほんとう、ヘビメタ騒音にやられて、むなしいだけの人生だな。いいこと、なかった。くるしかった。ずっとくるしかった。いま、夜が明けて、朝になった。闇から光の世界になった。けど、ぼくのこころは、ヘビメタ騒音でくるしい。あの雰囲気が、ぬけない。朝の雰囲気というのは、ヘビメタ騒音の雰囲気だ。これ、どれだけほかの人に言ってもわからない思うけど、数千日の繰り返しがある。その数千日の学習の末に、獲得してしまったものだ。薬なんかじゃ、なおらない。もとの世界に到達できない。元の世界というのは、ヘビメタ騒音にやられなかった場合の、普通の世界だ。普通人たちには、普通にある、普通の世界が、ぼくには、ない。ヘビメタ騒音にやられて、毎日自殺したい気持ちで、動かないからだを無理やり動かして、はりつめた気持ちで、学校に行くのである。帰ってきたら、ヘビメタが鳴っていて、どれだけ言っても、一秒だってやめてくれない。あいつが眠る前まで続く。こっちは、そのあいだに、平日は夕方から、日曜祭日は、朝から、あいつが眠る前まで、ヘビメタ騒音を聞かされ続けて、その時間も、そのあとの時間もめちゃくちゃになっている。どれだけ、希望をもとうとしても、どれだけ、普通に頭を働かせようと思っても、鳴らされたあと、……鳴らされ続けたあとですら……まったく頭が働かない状態になる。「うつ」とか「憂鬱」という言葉では、表現できない、強烈な「うつ」や「憂鬱」がおそってくる。これは、「疲労」と同じで、どれだけ、「疲労を感じないようにしよう」と思っても、むりだ。土台がむりだ。人間の体はそういうふうにできている。きちがい兄貴レベルの騒音を毎日、聞かされて、生きてきた人間というのが、ぼくのほかにいないのである。だから、ぼく以外の人たちは、その人たちの経験した騒音をもとにして、ぼくが経験した騒音について考えるのである。毎日の持続……ということについて、考えがぬけている。せいぜい、テレビの音がうるさいとか、ステレオの音がうるさいとか、幼稚園や小学校がうるさいといった騒音のことしか考えない。あるいは、線路の横でうるさいということしか考えない。これ、ちがうんだけど、どれだけ俺が「ちがう」と言っても、ほかの人たちは、ちがいを認めない。どうしてなら、その人たちが、経験した騒音ではないからだ。ひとことで言うとそうなる。そんなら、俺(エイリ)だって、自分(ほかの人たちにとって自分自身)の経験した騒音を経験してないじゃないかと言うかもしれないけど、ぼくは、ほかの人たちが、経験した大抵の騒音を経験している。ヘビメタ騒音がはじまるまえに経験している。「そんなんじゃない」のである。「ぜんぜん、ちがう」のである。こんな、ハンディない。しかも、家庭環境が複雑で、ほかの人には、逆立ちしても理解できない原理がある。これをうみだしているのは、きちがい親父なのだけど、きちがい親父の狂い方というのも、普通の人の狂いかたとはちがっていて、ほかの人には理解できないのである。あるいは、くるってない普通の人とも、まったくちがう状態なので、くるってない普通の家族と暮らしてきた人には、逆立ちしてもわからない状況や状態というのがあるのである。これの、わからなさが、また、ひどいのである。これ、ぼくは普通の人自分の距離を感じる。このことについて、世間の、普通の人の理解度がもーーれつに、低い。ほとんど全部の人が、想像の範囲外だということで普通に無視してしまうのである。俺の状況や俺の状態について無視してしまう。普通の人にとって、俺は、へんなことを言っている人……よくわけがわからないことを言っている人になってしまうのである。「そんなのは、言えばいいのに」と思ってしまうのである。きちがい親父を知らないから。きちがい親父の感覚が、おかしい。その感覚のおかしさについてどれだけ、普通の人に説明しても、普通の人はわからない。俺が、へんなことを言っているようにしか、聞こえないんだよな。兄貴も、きちがい親父とおなじなので、兄貴のことも、普通の人にはわからない。普通の人というのは、普通の家族に囲まれて、そだってきた人のことである。きちがい兄貴やきちがい親父が、特殊すぎる。普通の人が考える「きちがい」とは、また、ちがった種類のきちがいなのである。きちがいのなかでもかわっているのである。ほかの人が理解することができないように、かわっている。あまりにもかわっているので、ほかの人は、理解できない。言ってみれば、普通の人が考える「きちがい」とも、まったくちがった「きちがい」なのである。そして、迷惑をこうむる人、影響を受ける人というのが、家族、限定なのだ。「よそ」では、きちがい的な側面を見せないで、普通の人のようにふるまうのである。これは、もう、自己催眠のレベルで、本人は、「つかいわけている」つもりがない。まったくない。本能ではないけど、表現するなら、本能できりかわってしまう。「うち」のなかにいるときの態度と、「そと」にいるときの態度がぜんぜんちがうのである。そして、本人は、特に、「うちの態度」と「そとの態度」をきりかえているつもりがないのである。ぜーーんぜんない。まったくない。ごく普通に、完全に、きりかわる。本人が、意識して、「うちでこうしよう」と思っているのではないのである。「そとでは、我慢したけど、うちのやつらに関しては、こういうたいどでいい」と、意識的に思って、態度をきりかえているわけではないのである。さらに、これは、「態度」だけではなくて、全体的な「認識システム」の問題なのである。これ、態度だけじゃなくて、認識システム自体が、きりかわってしまう。だから、本人は、強情にやっているのに、まったく気がつかないと行こうとになってしまうのである。この「強情」というのも、普通の人が理解できないレベルの「強情さ」だ。で、やっている本人が、普通の人とおなじように、理解してないのである。まったく理解してない。だから、「きりかわった態度」だけが「つきでる」状態になってしまうのである。ごく普通にそうなる。本人が、態度をきりかえようと思ってそうしているのではないから、そういう態度でやったことは、全部が本人にとって「やったってやってないこと」なのである。これが、ほかの人には理解できない。本人も、理解してないけどな。都合が悪くなれば、全否定だ。普通に記憶がある人なら……記憶能力がある人なら……絶対におぼえていることも、ガン無視してしまうのである。そういう、日常なのである。あんだけ、意地をはってやったことを、わすれるはずがないのである。この忘れ方がひどくて、もう、やり終わった瞬間に、やってないことになっている。やり終わった瞬間に、自分には、関係がないことになっているのである。この、態度、ほんとうに頭にくる。きちがい的な意地でやったことを、きちがい的な意地で否定する。そして、きちがい的な意地でやっているときの態度と、きちがい的な意地で否定している態度がまったく同じなのである。こーーんなの、ほかの人にわかるわけがない。しかも、本人は、盲点になって、まったくわからない状態だ。台風の目のように、本人は、まったく関係がない人としてふるまうのである。この態度全体……。プロセス全体……。ほんとうに頭にくる。

 

わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。