2019年11月8日金曜日

高齢引きこもり本人(だらしがない、あまえている)家族(迷惑している)という構図ばっかり


本人(悪)と書いたけど、『悪』というのは「だらしない」とか「あまえている」というような意味で『悪』なのです。そして、家族(被害者)と書いたけど『被害者』というのは、「迷惑を被っている」『迷惑している』という意味で『被害者』なのです。



『だらしがない』という言葉になにか『良い』イメージがあるかというと、ない。『だらしがない』という言葉になにか『善』であるイメージ

があるかというと、ない。「だらしがない」という言葉はすでに、悪いイメージの言葉で、『ゆっくりしている』とか『ゆったりしている』とか『他人の価値観に動じない』というような言葉ではない。他人が言っていることを気にしないという意味では中年引きこもりのような態度はむしろ歓迎されるべきなのである。もちろん、個々の中年引きこもりは、他人の価値観を『気にしている』とは思うけど、行動自体は気にしてないように思えるのである。他人がどう思っても関係がないという態度が推奨されるのであれば、中年引きこもりの態度はむしろ、推奨されるべきなのである。(他人がどう思っても)外に出て働かないわけだから。



「他人がどう思っているか気にしないようにする」とか「他人がどう思っているか気にするのはばかげている」と考える人たちは、むしろ、引きこもり中高年の『態度』をほめるべきなのである。けど、こういう文脈になると、「他人がどう思っているか気にするのはばかげている」と考える人たちは、「だらしがない」「よわすぎる」「けしからん」「あまえている」と引きこもり中高年の『態度』をけなす。



それから、SSRIなどの薬の量を増やせば、よくなると思っている程度の人は、薬の量について、精神科医と相談するべきではない。たとえば、AさんとBさんがいたとする。AさんはBさんの父親だとする。Bさんは、強迫神経症(強迫性障害)で引きこもりだとする。で、AさんがBさんに働くように説得したとする。で、Bさんが「秋になったら働く」と言ったとする。けど、Bさんは(その年の)秋になっても働かなかったとする。そこで、Aさんは、Bさんが行っている精神科を訪れて、医者に薬の量を増やすように説得したとする。医者が、Bさんの説得に負けて?Aさんの薬の量を増やしたとする。そうしたら、Aさんが失禁してしまったとする。

この場合、はっきり言えば、Aさんのしたことは批判されてしかるべきものだ。これ、父親が心配してやったことだから、いいのか。失禁したというような負のエピソートが増えてしまって、Bさんがかわいそうだろ。まず手短に言って『強迫性障害』にSSRIが効くかどうかということに関しては、そんなにたしからしいことは言えない。効く場合もあるけど効かない場合もある。脳内のシナプス間隙におけるセロトニンの放出量が問題なのである。

だいたい、セロトニンを増やしているわけではなくて、セロトニンの再取り込みを阻害して「つかいまわしている」だけなのである。セロトニンの放出量にかんしては適切な放出量がある。セロトニン過多になってもだめなのである。セロトニン過多になると、いわゆるセロトニン症候群のような状態になる。セロトニン症候群になると体温の上昇、異常発汗、緊張、高血圧、心拍数の増加、吐き気、下痢、ミオクローヌス、筋強剛、振戦、反射亢進、混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡などの症状が生じることがある。失禁などもそりゃ、あるだろう。

これ、医者が父親に説得されて、量を増やしてしまうというのがおかしいと思うけど、まあ、増やしたんだろうな。薬が効かないから、薬を増やせばいいと思ってしまうような……短絡的な考え方をどうにかしたほうがいい。

手短に言うと、Aさんの強迫性障害にはBさんのそういう態度がかかわっている可能性がある。Aさんはどうも、小さいときは『いい子』だったみたいなのである。成績優秀で学級委員などをすんんでやるような子供だったのである。親の期待に過度にこたえようとするところがあるのではないかと思う。まあ、実際のところは、情報が少なすぎてわからない。けど、医者に「かけあって」息子の薬の量を増やしてもらうというような行動には、問題がある。

けど、こういう記事のなかではAさんのていたらく、ふがいなさ、だらしなさが強調される。そして、そのていたらく、だらしなさ、ふがいなさに家族が迷惑をしているというような感じが醸し出される。そして、そして、そのていたらく、だらしなさ、ふがいなさに家族が迷惑をしている家族がいろいろと手を尽くすけど、本人(Aさん)は働こうとしないということが記述される。父親がいろいろと心配してがんばっているのに、本人はだらしなく寝転んでいるだけなのだ。

これ、このケースはどうだか知らないけど、ほんとうに、親が子供に迷惑をかけて、子供を精神病に追い込んでいるケースがある。けど、そういうことは、うわべだけ見るとわからない。実は、親が子供に迷惑をかけているケースもあると思うよ。けど、そういうケースも含めて、本人が高齢引きこもりなら、本人(悪)家族(被害者)という文脈で語られると思う。

だから、なにを言いたいかというと、本人(被害者)家族(悪)というような構図で説明できるような場合が、どのくらい多いのかはわからないけど、あるはあると思うということを言いたい。割合はわからないけど、あると思う。報道は常に、本人(悪)家族(被害者)だからな。全部、そうなんだというような印象を与える。理解があるような発言が含まれていたとしても、本人(ふがいない)家族(迷惑している)というような印象を与えることに成功していると思う。たぶん、記事を書く人が、理解があるようなつもりになっていても、本人(悪)家族(被害者)という構造を頭の中に描いているからそうなるのだと思う。



わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。