2020年11月26日木曜日

うちのなかにいるときは、『ハイドモード』だよ。……ジキルとハイドだとハイドモード


気違い兄貴によるヘビメタ騒音というハンディが、ほとんどすべてのことを不可能なことにしてしまう。これ、正しいのである。やられたことがない人は、「そんなことはない」と思うかもしれないけど、そうなのである。連続的にやられたことがない人は「やりようはある」と思うかもしれないけど、「やりよう」はない。思いつくことをすべて試したが、『鳴っているいじょう』だめなのである。毎日連続的にやらたれことがない人は「俺だったら、こうする。こうすれば、そんなのは、どうにかできる」と思うかもしれないけど、『鳴っているいじょう』だめなのである。


ほんとう、『家族』ということが、隠れたファクターで影響をあたえる。家族の中に、ふたり、兄貴と同じ頭の構造を持つものがいるということが、隠れたファクターで影響をあたえる。このふたつは、他の人が『どれだけ考えてもまったく想像がつかない』影響をあたえる。


他の人は、どうしても、自分の家族や、自分があってきた人を基準にして物事を考える。けど、『うちのなかにいる兄貴』や『うちのなかにいる親父』はそういう、想像をこえるものなのである。あとは、普通の人には、実際にやられた場合が……想像できない。だから、まとはずれな助言をすることになる。

 

けど、「まとはずれだ」ということを言ってしまうと、そういう助言をした人が、いちおうは、怒るような状態になる。怒るまではいかなくても、少なくても、自分の意見を否定されて、不愉快な思いをする。で、これがまた問題なのだ。問題を作り出している気違い兄貴は、どれだけ、そういうことを説明しても、気違い頭で否定して、やり続ける。これは、気違い親父が、ハンダゴテ事件のとき、兄貴の説明を受けて、否定して怒りくるうのと同じ状態なのである。

 

しかも、この状態のときのことは、本人にとって「よそよそしいこと」なので、時間が経てば、「そうしたということ」自体を本気で否定する。『そのとき』からちょっとでも、時間が経てば?『そんなんじゃない』ということになってしまうのである。『関係がない』ということになってしまうのである。自分が関わっているのに、関わっているということがわからない状態になってしまうのである。そして、それは、怒っているときもそうなのである。怒ってやり続けているときもそうなのである。

 

だから、本人としては「つもりがない」まま、ずっと、夢中になってやり続けるということが発生してしまう。気違い兄貴がやっていることが、囲碁なら……囲碁の練習なら、どうでもいい。しかし、気違いヘビメタを、思っきり鳴らすことだから、問題がしょうじる。一秒だって、ヘッドホンをしないのに……『静かにしてやった』と思っている状態で、鳴らし続ける。

まあ、鳴らしているときは、一切合切、俺のことが頭にないので、本人としては『鳴らしていい』状態で鳴らしているということになっているみたいなのである。この、発狂して押しつけるけど、押しつけているということがまったくわからない状態というのが、他の人にはわかりにくい。

 

そして、意外なことなのだけど? あるいは、まったくあたりまえのことなのだけど?……本人がまったくわかってないんだよな。他の人の以上に、わかってない。他の人以上にわかってない状態で、こだわってこだわってこだわって、発狂して、一秒もゆずらずに、鳴らし続ける。気違い兄貴は、「うちでは」そういうモードなのである。うちに二十四時間いるときは、二十四時間そういうモードなのである。そういう人格なのである。ジキルとハイドだとハイドモードなのである。

これは、親父もおなじなのである。で、親父は、頭がおかしいから、体がでかくなった兄貴には、注意ができなかった。無意識的にそうなのである。だから、そうなると、気違い的な理由をつけて……普通の人から見るとありえない理由をつけて、注意しないのである。けど、それがまた、他の人にはわからないことなんだよな。俺が説明したって、わからない。そうすると、他の人は『親が注意しないなら、たいした騒音じゃないんだな』と判断してしまう。

 

まあ、これ、『普通の人から見るとありえない理由』というのが、また、わかりにくいんだよな。気違い親父としては否定できればいいわけだから。これは、ハンダゴテを買ってやらなければならない場合の、態度とおなじなんだよ。自分の無意識的な要求が、かなえば、理由なんて、どうだっていいという態度だ。この場合の無意識的な要求は、『兄貴にヘビメタ騒音のことで注意をしない』ということだ。

一度、無意識的な命令が下ると『現実』ははるか後方にしりぞいてしまうのである。だから、関係者としては「ありえない」理由をつけて、否定する。拒否する。ともかく、兄貴に注意をしないときの態度と、ハンダゴテを買ってやらないときの態度は、おなじなんだよ。おなじなの~~~。おなじなの~~。

親父にしても、兄貴にしても、うちのなかでは、無意識的な欲求をまるだしなのである。まるだし~~まるだし~~。やっているときから、気づいてない。やっているときから、否定している。こんなのは、ない。ないから、他の人は、信じない。

本人だって夢中になってやっているだけで……やっていることがわかってない状態なのである。そのとおりには、認識してない状態なのである。見ればわかることを否定する。聞けばわかることを否定する。……そういう状態になる。無意識的な欲求のほうが大事だから、現実は無視する。けど、無視したということが「ぬけている」状態なのである。主観的には『無視してない』状態なのである。だから、こまる。

無意識的な欲求の大事さが、本人にも、わかってないのである。命がけで、つらぬくべきことなのである。そういうこだわりがある。けど、本人がわかってない。さらに、そういう構造でやり抜くということが、他の人にはわからない。

だから、『相談すればいい』とか言ってくる。

けど、これがまた、やっかいなことになる。簡単に言えば、俺が相手のアドバイスを否定することになるから、相手としては、気分が悪いのである。不愉快な気持ちになるのである。これは、人間として、やはり、さけられないことだ。俺だって、自分が思いついたアドバイスをして「あげている」のに、相手が「それはだめなんだ」と否定してくると、いやな気持ちになる。


ハイドって、「かくした」という意味を暗示しているのだけど、たしかに、「うちのなか」だと「かくした」モードだよな。まあ、受け身にして「かくされたモード」のほうが正確だと思うけど。
 

わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。