2015年12月29日火曜日

俺は!言っただろ!!!(公開バージョン)

僕が不安になっても、なにもわからない。不安になるな。不安になるな。不安になるな。

本当にヘビメタ騒音がうるさかった。どれだけ、不安な時もヘビメタ騒音が鳴っていた。近所の人にどう話すんだよ。かりに、親父が死んだら、なんて言おう。俺はヘビメタ騒音で働けない。ヘビメタ騒音が一四年間鳴っていたので働けない。


は~、死にましょ死にましょう。死にましょう。本当に、ヘビメタ騒音を鳴らされてから死ぬことしか考えてないよ。すべての普通の生活が、雲の上の出来事だ。どうやったって手にはいらない、雲の上の出来事になってしまった。普通に、普通の女の子とつきあう……ヘビメタ騒音で、浪人、無職だから、立場がない。その人に実は無職だということをいいたくない。はじめに嘘をついて、つきあいたくない。浪人、格好悪すぎる。ヘビメタが鳴っていた。どうやっても、ヘビメタが鳴っていると、ダメなんだよ。暗黒世界なんだよ。すぐにでも首をつって死にたい気持ちなんだよ。どうしても、どれだけ言っても、鳴ってた。

ヘビメタ騒音が鳴ってから、全部、夜だ。全部が全部、二浪三浪で、自転車を漕いでいる夜だ。闇だ。死にたい。なんとも言えない不安に取り憑かれる。死にたい。ともかく、ヘビメタ騒音で死にたい。ヘビメタ騒音が鳴っているから、死にたい。ヘビメタ騒音が鳴っていて、すべてのことに手が届かなくなったから死にたい。

いまだって、そうだ。いまだって。じゃ、いま、「さびしい」ので、女の人とつきあうとする。それで、働けないことを、どうやって説明する。一応この国では、男が収入を得るということになっている。男が働いて女が働かないというのは、ありだけど、女が働いて、男が働かないというのは、なしだ。もちろんあるけど、「ひも」とかそういう言葉で、罵倒される。「なんで働かないんだ」と、精神的に責められる。働けないんだけど、相手には、働けるのに働かないと見える。俺が、どれだけみじめな思いをしてきたか。どれだけ……。だから、きちがいヘビメタが鳴り止んで、近くにアパートを借りることも、部屋の工事をすることもないほうが、いいに決まっているのだ。ちゃんと、全部鳴り止んで、くれれば……。ちゃんと全部、鳴り止む以外の解決方法はない!!!


あの時本当にヘビメタ騒音で苦しかった。やりようがないんだもん。鳴らされていたら、やりようがない。前の日と同じになってしまう。同じだ。我慢するだけだ。朝、どれだけしんどいと思っているんだ。遅刻をすれば俺が文句を言われる。髪の毛なんてとかしているひまがない。歯磨きなんてできない。それで、「だらしがないやつ」と思われるのは俺だ。宿題を忘れた……それで、「だめなやつと思われるの俺だ。けど、どうしても、どうしても、週に五五時間以上ヘビメタ騒音が鳴っていると、できない。一日に七時間以上ヘビメタが鳴っているとできない。平日、学校から帰った後、六時間四五分鳴っていると、どうしても、どうしても、次の日の用意ができない。宿題をして次の日の用意をして寝るということができない。俺が、不安な日々をすごしてきたと思っているんだ。全部、格好悪い。死にたい。

俺が死ねば、俺が楽になれる。

俺が親父や兄貴にい言いたいのは、お前らが、俺にどんなことをしたかわかってるんだろうな?ということだ。お前らが……お前らが。お前らが俺になにをしたか、理解してから死ねよな。けど、理解しないんだろうな。どこまでも、……死ぬまで。死んだ後も……当然。死んだ後も理解しないんだろうな。生きているあいだじゅう、理解しない。死んでからも理解しない。ろくでもないやつらだ。だから、やったんだろうな。やりやがって。自分が俺になにをしたか理解してから死ね。俺が俺が……。俺が、俺が……。俺がどれだけ、お前らのせいで苦しんだと思っているんだ。俺がどれだけ、お前らのせいで恥かいたと思っているんだ。理解してから死ね。せめて、理解してから死ね。

お母さんはけっきょく、助けてくれなかった。困っていただけだ。ずっと俺と一緒に困っていただけだ。自分の息子なのに。きちがい兄貴は自分の息子なのに。やめさせることができない。きちがい兄貴の、ヘビメタに対するきちがい的なこだわりというのは、言いようがない。自分が思った通りに鳴らしたというのがあって、音を下げたり、ヘッドホンをしてしまっては、自分の思い通りじゃないんだよ。自分の思い通りに(でかい音で)ヘビメタを鳴らすということに、殺人的なこだわりがある。そのことの前では、すべての道理が、力を失うのである。すべて、無力。自分がヘビメタを思い切り鳴らしたい。それを邪魔する奴は、断固、無視。無視して鳴らす。それだけ。殺さなければ、絶対にどれだけ言っても、やめてくれない。実際に、十数年間にわたって、やめてくれなかった。どういう気持で生きてきたと思っているんだよ? 俺が!!

きちがい兄貴もきちがい親父も、当時一四年間、どれだけ言っても、まるで理解しなかった。まるで関係がない人なのである。自分がやっているのに。きちがい兄貴は自分がやっているのに、きちがい親父は、自分の息子がやっていることなのに。毎日、何時間も何時間も。こだわってこだわってやっていることなのに、「知らなかった」だからな。「つもりがなかった」だからな。全部これだよ。全部、こういう嘘くさい理由で、やり切る。どれだけ言われても、知らないまま。どれだけ鳴らしても、つもりがないまま。頭がおかしい。お前らのせいで、どういう目に遭ってきたと思っているんだよ。

なんで俺がこんな孤独に、一人でたえなきゃいけないんだよ。本当に人生がない。人生がない。ヘビメタ騒音で人生がない。なんて言うんだよ。なんて言うんだよ。どうやって説明するんだよ?どうやって。ともかく、五体満足でも働けない。いいや、俺もヘビメタ騒音で頭のなかが壊れちゃったんだな。本当に親父なんて、こっちが困ることしか、言わない。やろうと思わない。どうして、きちがい兄貴を説得してやめさせないんだ。どうして、俺の部屋の押し入れに防音材を貼って、きちがい兄貴にはひとことも注意しないんだ。同じなんだよな。今回の、俺のために外壁工事というのだって、同じだよ。どういう目に遭ってきたと思っているんだよ。

ヘビメタ騒音をやられて三年経った時から、僕の人生は終わっている。僕の人生は終わっている。ボロボロだ。その三年間だって……。ボロボロだ。あの時は、まだ、お母さんやダイヤがいたから、さんざん愚痴ってしまったけど……。愚痴ったって、ヘビメタ騒音が鳴り止まなければ、僕の苦しみは、終わらないんだよ。僕が落ちていくだけだ。学業成績、働く能力。落ちていくだけだ。きちがい兄貴!!!きちがい兄貴!!!おまえが、やるつもりで、鳴らした。どれだけ言っても、絶対の意地で、全部の時間、鳴らした。

俺がひとりで、たえなきゃいけないのか?? これからも。きちがいヘビメタにやられて、人生がない。全部どんな努力も、ヘビメタ騒音のなかで、消えた。あれだけもめているのに、しらんぷりで鳴らす。全部の時間鳴らしきる。それで静かにしてやったつもりだ。それで、協力してやったつもりだ。ぜんぜん静かになってないから。命がけで、全部の時間、協力せずに鳴らしたのに、協力してやったつもりがどうやって生じるんだ? 本当きちがい野郎。どれだけ言っても、伝わらないんだからな。自分が鳴らすのは当たり前……自分が鳴らしたいように鳴らすのは当たり前……まるで問題がない……ガタガタ言ってくるほうが悪い……こんくらいの気持ちしかない。で、一四時間鳴らせるなら、一四時間鳴らす。

お母さんも、ダイヤも、もういない。僕がこの部屋で、歳をとってきただけだ。僕がこの部屋で、孤独にたえ、歳をとってきただけだ。なんも、楽しみがない。「楽しみなんていうのは、自分でつくればいいだろ」……そりゃ、ノーマルな人の話だ。……つくれるわけがないだろ。……あんな状態で、……学生時代全部を暮らして、……人生をつかめない状態で、……楽しめるわけがないだろ。時間の制御ができず……つまり、決まった時間に起きれず、……。だるいからだを引きずって……。ヘビメタ騒音でボロボロで、憂鬱で……。楽しめるわけがない。どうしても楽しめない。どうしてもくるしい。


わかっていただけるかたに感謝しております。ありがとう~~ございます~~

自分の身のまわりを良い言葉で満たしたい人は、是非そうしてください~
人に優しい言葉をかけたい人は、是非そうしてください。
自分の思いは現実化すると信じている人は是非信じて、現実化してください
(ぼくが)こういうことを否定しているととらえている人がいるみたいだけど、ぼくが言っていることはそういうことじゃない。●●ではない人のことをもっと考えましょうということです。思いやりがあるのとないのはちがう。全体思考だと、かならず、こぼれる人が出てくる。こぼれる人に対する配慮は、事前に考えておくべきことだということを言いたいのです。それから、ぼくにとって「言霊」というのは、議論の対象、考察の対象であって、信仰の対象ではありません。なので、「言霊について議論しましょう」と言っているわけで、「言霊を信仰するな」と言っているわけではないのです。ここらへんの違いについて注目してください。刮目。刮目。


●ヘビメタ騒音というのは

ヘビメタ騒音というのは、ヘビーメタル騒音という意味です。ヘビーメタルというのは、甲高い金属音と重低音が特徴となるロックの一種です。
兄がヘビーメタルにこって、一日中、どでかい音で鳴らすようになったというのが、僕が引きこもらざるを得なかった直接の理由です。本当は、ヘビメタ騒音のことは書かずに、一般論だけを書くつもりでしたが、そういうわけにもいかず、いろいろなところで、ヘビメタ騒音の話が出てきます。


あの生活はない。この人生はない。
時間は無限ではなかった。とくに若いときの時間は。

俺の小説には思想的な意味がある。俺の小説には心理学的な意味がある。だれも語りえなかったことについて、語る

日付のない日記型小説(散文)・手記的な小説・究極のネガティブ苦悩爆発文学 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10ともほぼ同じことが書いてあるので、人間界の苦悩について興味がない人は読まないでください!!!!!

「騒音生活」「騒音生活が与える性格・人生への影響」「言いがたい家族」「困った人間の心理」「変な頑固さ」「平気で嘘をつく人(嘘を言っているのに嘘を言っているつもりがない人)」「自分勝手な脳内変換」「どれだけ言ってもなにも伝わらない人の心理的なしくみ・態度・おいたち」について興味がない人は読まないでください!!!

各巻は同じ主題を扱ったバリエーション(変奏曲)のようなものだと思ってください。

ぼくはまけない

「地下室の手記」ならぬ「騒音室の手記」だから、手記的な小説です。普通の主人公や脇役がいっぱい出てくる小説を期待している人は、読まないほうがいいです。そういう小説ではありません。

サイコパスが含まれるタイトルに関しては本当は納得してない。あんまり好きじゃない。けど、ある単語を使うと出版自体があやういので、しかたがなく、サイコパスという単語を使っている。サイコパスとつければ受けるとでも思ったのか?というような感想を持つ人もいるかもしれないけど、そういうことではない。

認識がズレている親にやられたこどもが住んでいる世界というのはちがう。



人気の投稿

「公開バージョン」はもとのバージョンの一部を文脈に関係なく削除したものなので、段落と段落のつながりがおかしい場合があります。(少し不自然な場合があります)。ご了承ください。

死にたいというのは、より良く生きたいということです。ぼくが「死にたい」と書いた場合、「より良く生きたい」と言っているのだなと、読み替えてください。心配にはおよびません。

過去に戻って、きちがいヘビメタ騒音なしでやり直したい。設定を変えてやり直したい。

用語解説:ヘビメタというのは、ヘビーメタルという音楽の分野を表す略語です。甲高い金属音と、超重低音が特徴となるクソうるさい音楽です。僕からみると、とても「音楽」と呼べるようなものではありません。本当に、特撮に出てくる「音」攻撃系の、音波です。あれはひどい。